髪のライザップ 楽しちゃダメよ!


ハナヘナを2か月に3回 


ホームケアでもDO-Sシャンプー&トリートメントにDO-Sオイルでケア





ハナヘナの最大の特徴は


「疎水化」


DO-Sシャンプーの最大の特徴は


「余分なモノを徹底的に洗い落とす」


そしてDO-Sトリートメント DO-Sオイルは


「ホホバオイルなどが沁みこむのがメインで


 被膜効果は薄く、持続性がない」


・・・・・


傷んだ髪は


「親水性」になる


濡れるとテレ~んとして なかなか乾かなくて


乾くとパッサパサになる・・経験あるかな??



そんな傷んだ髪に みんなは


濃密なんたらオイルや


アルガンオイルやら配合の


トリートメントで 髪を治そうとする。


昨日も中学生の女の子が


ベタベタに油分やシリコンやらが付きまくった髪で来店して


台所洗剤「キュキュット」で3回洗っても泡立たなかったな・・



もとい!!


さて 


傷んで「親水性」の髪に(ダメージ箇所)に


濃密な油分・・



水と油・・



あれ??馴染むか??



髪自体シャンプー中で濡れているし・・


そう・・馴染まないのだ・・


馴染みにくいのだ!!


だから 量で勝負なの!!


だから「濃密」・・・


何度か書いている


トリートメントが髪を殺す


このトリートメントをしていれば髪が蘇ってきますよの嘘


などなど・・


こうして ダメージ毛はより深刻な状態になってくの・・



で この打開策が


傷んで親水性の髪を「疎水化」(水をはじく)状態にする


ハナヘナ


その浸透の邪魔者を除去するDO-Sシャンプー


でも 疎水・・水分が無くなると髪はやっぱり軋むでしょ??



はい!!ハナヘナすると 


髪ギシギシになることもあります!!



そこで大切なのが いつも言う「バランス」


水と油のバランス・・



水と油は馴染まない


そこで 疎水化すると トリートメントの油分が少なくても馴染みやすくなり


浸透しやすくなる。


内部強化されて 疎水化して水分をはじく髪に


油分が浸透してしなやかに 保護してくれる。


そして持続性がない程度の被膜効果でキューティクルの働きも邪魔しない・・



ヘナやりゃ疎水化すりゃ 何でもOKではないの


大切なのは毎度おなじみ


「バランス」


水分と油分のバランスを取ることが


髪のライザップでは 一番大切なのだ!!