ボランティア活動ブログ

今年も向日葵が咲いたようです
orb では すべてのお客さんのお支払いいただくお代から 10円お預かりさせていただき この団体に寄付しています。 もう15年やってるかな?
「あの」と「この」
よく こういう言い方があるじゃない? 「あの」災害からと言う言い方と 「この」災害からと言う言い方・・・ 意味合いが違うよね?
原発視察雑感~福島をずっと見ていく~
6年ぶりに 待ち望んでいたこの場所に 先日いけました。 その場所とは・・
先日、3年ぶりに訪れた 福島県浜通り 浪江町からいわき市まで海沿いを走り 先ずは最初の目的地
震災から5年後 今からだと6年前 僕は「福島第一原子力発電所」の事故現場に行った。 それはまるで「ゴジラ」を見た気分だった。 ゴジラってみんな頭に浮かぶよね? でも それはスクリーンやTVの中の映像の世界のモノ 福島第一原子力発電所の事故のあり様も 僕はTVで 新聞で 雑誌で見ていた  いわば「ゴジラ」と 何ら変わりないような感覚だった・・・って
2011年4月18日 宮城県石巻市で 彼女に出会った。
これからも静かに、この場所は語り続ける
いつだったかな ある野外でのダンスイベントで 舞う女性の頭上に星が綺麗で 闇夜をその星が気が付けば 流れるように移動していた その時感じたのが 「時は刻むんではなく  時は流れるんだ」 刻々と切り取るように 進むと言う事もあるんだろうけど 僕には絶え間なく流れる大河のように 闇夜を滑るように音もなく 星を時が流していく...
イマジン
ウクライナの戦争が始まった時、 「SNSの戦争」になるって思った。 真実を暴き かつての「「大本営発表」の様な 政治家の都合のいい情報に騙されない時代だと。 でもYouTubeやSNSで流れる「映像」は 実は真実を「それ」 「コレが現状」って知らないうちに 僕らの「イマジン」を制約してたことに気づいた だから調べたし...
共犯者が加害者になり続けてはいけない
「今年の」3・11が過ぎようとも 続いていく時間の中 変わらない 変えようがないことがある。 それは 福島第一原子力発電所事故 において 僕ら首都圏の人間は「共犯者」であるって。 あそこで作られた電気はすべて首都圏のためのもので チェルノブイリ事故や東海村原子力事故 様々な危険性事象を知りながら そこに目をつぶり 蓋をして 好きに電気を使い...

さらに表示する