人が集まる場所の「本質」

 

 

「ケンさんて、人の何倍もの

 人生を生きてますよね!」

 

 

よくそう言っていただけます。

 

「ホント楽しそうに生きてますよね」

 

とも・・

 

 

 

えぇホントに楽しく、またきっと

 

人の何倍もの人生を謳歌してると思います!

 

 

その一つに僕には「料理」があります

 

 

あっ

 

床屋ですけどね!!

 

 

続きを読む 0 コメント

萌ゆる緑 光の渦

 

 

「最後の季節」が始まった我が家

 

続きを読む 0 コメント

この木なんの木、気になる木

 

 

 

この苗木 なんの苗木でしょ??

 

 

続きを読む 0 コメント

TIME &TIDE




始まる前にすでに

終わる寂しさを感じる時がるよね?


それってきっと 凄くその時間が

愛おしいから

そうなんじゃないかな?って思う



続きを読む 0 コメント

We are the one!

 

 

 

いよいよ明日!!

 

 

続きを読む 0 コメント

キャンセルを連発したゲストに・・

 

 

orb hair museumには

 

こういう「規則」があります

 

 

 

キャンセルについて

お読みください

 

・・・click

 

 

 

 

で、今朝の朝一のゲストの方は

 

予約忘れも過去にあり

 

今回は2度連続でキャンセルで

 

予約取り直しの方でした

 

 

その方に僕は、どう対応したかと言うと・・・

 

 

 

続きを読む 0 コメント

くせ毛の方の髪を切る時 ここだけは押さえたいとこ!

 

 

 

癖毛の方は とかく

 

「膨らむ」を嫌い

 

「うねる」を厭い

 

髪にいろんなものを足し算して

 

最後は髪をベタ~ってなでつけて

 

「抑えこもう」とします

 

 

そう、本日のゲスト Tさんも・・

 

 

続きを読む 0 コメント

髪を切ったのは何年ぶり?

 

 

毎度おなじみ

 

血縁もなければ 親戚でもない

 

でも義理の妹的「おゆき」です

 

・・click

 

 

続きを読む

今夜も。。



今夜も。。。。
続きを読む 0 コメント

「音」故知新

 

 

僕らが多感な時期は

 

音楽業界は闇鍋状態で

 

音楽番組では サザンオールスターズが歌った後

 

五木ひろしが歌い

 

テレサテンが歌った後

 

ペットショップボーイズが来日して歌う

 

 

確実に「カオス」だった

続きを読む 0 コメント

大人になってからの友だち



とかく 

学生の頃の友だちは、
やっぱり本当に分かり合えるな

そんな言い方を聞くことがあるけど

確かにそういう奴もいる

でも僕には大人になってからも

本当に曝け出せる友だちがたくさんいる
続きを読む 0 コメント

処方箋

 

 

なんだかんだ言っても

 

現状何をどうしたいか?

 

分からない時もあれば

 

そもそも「心の中」のなにかを

 

どうにかしたくて

 

 

「髪を切る」

 

 

そんな時もありますよね

 

 

だから、相談して決めましょ!

 

 

続きを読む 0 コメント

餃子の思い出

 

 

もしかしたら

 

餃子を手作りしたのは13年ぶりかな?

 

なんで13年って即言えるかって言うと・・・

 

 

続きを読む 0 コメント

咲いたね でも天気がね



桜を観る会

桜を観る会延長戦

二週に渡り この場所での

最後の花見をしようと頑張ったけど

この不安定な天気で

桜は咲かなくて。。。。


とは言え それはそれで

みんなで楽しい時間を過ごしたけど


続きを読む 0 コメント

AIというものの進化がもたらすもの

 

きっとね、AI(artificial intelligence) というモノの

 

進化はこの業界にも波及して

 

多分・・写真をAIに読み込ませれば

 

そのヘアカラーを構成する調合なんかも

 

メーカーごとに計算して

 

ヘアスタイルも取り込めば

 

どこにどうハイライトやローライトを入れ込めば

 

最大公約数的な方法や

 

似合わせカラーや

 

ウエーブタイプやストレートタイプなどの

 

似合わせも ビックデーターから指し示し

 

もしかしたら今学んでいるものは

 

意味がなくなるかもしれない

 

 

もしかしたら

 

 

カット展開図さえ示すかもしれない・・・

続きを読む 1 コメント

orbの大切にしたいこと

 

 

本日のゲストは

 

はじめましての

 

Eさん

 

 

続きを読む 0 コメント

お泊まり会

 

 

先週の

 

 

続きを読む 0 コメント

被災地での「ニーズ」と言う事の意味

 

 

例えば、「今」地震が起きて

 

僕の「生業」・・床屋さんが

 

出来ない状況になってしまったとして・・・

 

 

 

でも全国の心優しき人から 人たちから

 

ハサミ、櫛、ドライヤー・・

 

僕の仕事に必要なものが徐々に集まりだし

 

災害から数か月たち

 

「よし、少しでも、細々でも

 価格はフルサービスできないから下げてでも

 仕事を再開しよう!・・・・でも・・・

 こんなまだ皆被災状況で商売を始めていいのだろうか?

 ・・でも、俺にも生活がある!やろう!!」

 

そう不安や様々な葛藤を経て

 

お店を再開しました

 

 

そんなある日・・

 

 

「東京から『ボランティアカット』が来てくれます!

 避難所で無料で髪を切ってくれます!

 それも東京の超有名店でカリスマ美容師の方たちです!」

 

 

被災者支援ボランティアの方が

 

間に入って「髪を切って欲しい」そういう

 

ニーズ

 

を吸い上げ その機会を作りました

 

 

「皆さんがすこしでも髪を切って

 前向きになれたら・・」

 

美容師さんたちは、素晴らしい技術で

 

次々と避難者の方の髪を切ります

 

SNSで発信し 時にはメディアも取り上げます

 

ボランティア活動をして

 

喜び合う皆さん・・・

 

 

 

でも・・・

 

俺の店に来てくれた

 

あの人も あのばあさんも

 

あの子も この子も・・・

 

みんな髪がサッパリ切られて

 

再開した俺の店には誰も来ない・・・

 

確かに

 

ニーズ

 

はあるだろう・・・・

 

 

 

でも 声に出しては言えないけど

 

言えば お前はお前の金の事だけ考えてるのか!

 

そう叩かれるかもしれないけど・・

 

 

俺の生業を奪わないでくれ!!

 

 

食べ物なら 明日も食べるから

 

買ってくれるかもしれない

 

でも髪は こんな非常時ならましてや

 

毎月なんて切らない!

 

つまり「ボランティアカット」は

 

下手すれば 向こう3か月の

 

「売り上げ」を奪うことになるんだ

 

 

 

切って欲しい 切ってあげたい

 

ニーズ

 

 

そこには

 

切らないで欲しい 俺に切らせてほしい

 

ニーズ

 

があることを忘れないで欲しい

 

 

 

 

震災から3か月

 

確かに水も通らず

 

珠洲市などでは本当に困ってる方がほとんど

 

 

でも そんな中でも

 

這い上がろうと足掻いてる人がいる

 

床屋が美容師がいる

 

どうかボランティアカットをする時は

 

それを忘れないで欲しい

 

 

ニーズはある

 

でも

 

それに困る人もいる

 

 

 

支援てそういう

 

諸刃の剣なんだ

 

 

 

え?お前東北でやってたんじゃないの?

 

ううん 

 

俺が髪切ったのは 4回だけ

 

上記の事に気づてから

 

切ることをやめたんです

 

どんなに頼まれても

 

全部断りました

 

 

その代わり 避難所に

 

「白地図」を作り

 

今どこの店が再開した

 

今どこの美容室が営業再開した

 

それをどんどん書き込んでもらったの

 

 

もちろん 無料でやるサロンもあった

 

多少のお金を取る店もあった

 

でも 僕は絶対やらなかった

 

 

 

マスターベーション・ボランティアに

 

なりたくなかったからね

 

 

 

きっと・・

 

今日も出ないシャワーブースの横で

 

髪を切る理容師・美容師が

 

3か月目もいただろうね

 

 

 

 

0 コメント

ヘナで肝臓デトックスは嘘の根拠

 

 

機能性表示食品の問題がクローズアップされてるけど

 

さて、ヘナの「機能性表示」って正しいの??

 

 

続きを読む 0 コメント

今夜なに食べよう?



床屋ブログのくせに

なんでもありのブログです

最近は、自炊飯の事も

 

興味ない??

 

でもブログネタもないので(笑)

 

 

続きを読む 0 コメント

前髪についての単純な話

 

 

単純な話

 

 

続きを読む 0 コメント

人として

 

 

いろいろ 本当にいろいろあった

 

2月末からの怒涛の日々・・

 

あと3週間でその日々にも区切りが見えてきて

 

 

身体も心も疲れがピークで

 

今がいつで どこかも本当に分からなくなって

 

いろんなミスも起こしたりしてるけど

 

でも

 

 

続きを読む 0 コメント

常備菜作り

 

 

休みの日は

 

 

 

 

 

続きを読む 0 コメント

男性の縮毛矯正こそ「真価」が問われる

 

 

たいていの場合

 

癖毛の男性が縮毛矯正かけると

 

 

続きを読む 0 コメント

白髪染め最後に使ったのいつだろう?

 

orbで「白髪染め」のお薬を

 

ほぼ使わなくなってどのくらい経つんだろ??

 

 

え?白髪染めのお客さんが来ないの??

 

いえいえ、今日だって

 

 

続きを読む 0 コメント

It My Life

 

 

リチャードギアは言う

 

「僕は毎朝生まれ変わるんだ」

 

僕もこの思想が好き

 

人は毎朝生まれる

 

生まれたての朝

 

なんの罪も犯していない

 

なんの穢れもない

 

 

無垢な自分が毎朝いる

続きを読む 0 コメント

「負けないで」が大嫌いだけど

 

 

アタシャ この曲が嫌い(笑)

 

続きを読む 0 コメント

「頑張らなくていい」の本質

 

 

ドラマの「不適切のも程がある」で

 

2話かな?

 

働き方改革についてで

 

 

「じゃぁどんな風に働くんですか?」

 

「働くにどんなもね~よ!

 馬車馬か我武者羅だけだろ!?」

 

 

きっとこのセリフは昨今の

 

「頑張らなくていい」

 

「アナタはあなたのままで素晴らしい」

 

の風潮にはそぐわないのだろうね・・・

 

 

 

でも 思うの

 

 

そりゃ人だから毎日100%のエネルギーで

 

仕事や人や何かに向き合うことは出来ない

 

70%の日も 30%の日だってあるでしょ

 

でもね 70%ならその70%を

 

100%出さないと 30%の熱量でも

 

その30%を100%出すべきだって思う

 

時々「今日はあんま気持ちが乗らないから・・」

 

って例えば50%の熱量はあるのに

 

それ以下の熱量、もしくは0%・・

 

やらないって選択をする人もいるよね?

 

 

 

 

 

そういう時

 

「しかたがない、でもそう言う時もあるよ

 でも、自分は自分 アナタはそのままでも

 素晴らしい存在なんだよ 輝けるんだよ」

 

 

そう??そう言う事??

 

その言葉は尊いけど

 

その用法が「免罪符」になってない?

 

熱量「出せない」じゃない

 

熱量「出さない」言い訳にしてない?

 

 

 

アナタのままでいい・・どこかそれ

 

他者の評価じゃん?

 

アナタのままかどうかなんて

 

誰かに決めてもらうんじゃない

 

自分で内観して自分で決めるべき

 

 

 

内観すれば 誰もが僕は

 

僕を筆頭に「クソ野郎」だって思ってる

 

誰もが醜く 誰もがセコク 誰もが究極

 

テメ~さえよければ良いって

 

 

あっ 僕はそう言う人間

 

 

そこを僕は正直に認めてる

 

商業的に自分を下衆とか言う奴とは違う

 

マジに俺「クソ野郎」

 

 

だから そこを認めて

 

そのクソだって何かになれるかも

 

内観して 認めて

 

輝けない自分を 輝かすために

 

どうするか向き合い

 

その日の熱量の全部を出して生きていく

 

 

雨が止むまで頑張らなくてもいい

 

雪が解け消えるまで頑張らなくてもいい

 

その涙消えるまで頑張らなくてもいい

 

でも その雨や雪や涙が消えたら

 

馬車馬か我武者羅に・・その日の

 

50%なら50% 70%なら70%の

 

馬車馬か我武者羅で生きる

 

 

それが誰かからみて

 

「たいしたことない」

 

「その程度か?」

 

そう思われてもいいんだ

 

でも 今日の30%を100%出した

 

それが大切

 

 

それが本当の意味での

 

「そいう日もあるさ・・」

 

 

きっとそう言う事なんじゃないかな?

 

 

 

 

って

 

なんのブログ??

 

(≧▽≦)

 

 

 

 

 

 

続きを読む 0 コメント

今日めちゃくちゃイラっときたこと

 

 

良いレストランで な~んか味に塩っけ足んないと

 

イラッテするよね

 

 

 

あっ、ハンガリー語で塩が足りないって実は

 

「シオタラン」

 

って塩田さんちに女の子うまれて「蘭」って名付けたら

 

シオタランになるな~

 

 

 

でも子供が生まれて家族増えたら

 

幸せも増えるね~

 

家族と言えば

 

韓国語で 家族はカジョク

 

 

 

仲がいい家族ってイイよね

 

あっ トルコの言葉で良いは、iyi(イイ)

 

 

 

仲いい家族と言えば日本では「サザエさん」

 

サザエさんと言えば 磯野家

 

磯野カツオ

 

 

これイタリア人が聞くと

 

lo sono cazzo=イォ・ソノ・カッツォ

 

意味は・・

 

「私は、チ○コです」

(≧▽≦)

 

カツオこれ知ったら

イラってするよね?

 

ちなみに

続きを読む 0 コメント

善き日の母

 

 

今朝は・・・

 

続きを読む 0 コメント

善き日に

 

 

今日は「善き日」のために

 

髪を切りに来てくれた

 

木津君です。

 

 

続きを読む 0 コメント

本日臨時休業

 

 

本日諸般の事情で

 

臨時休業させていただきます。

 

 

ご予約のお電話は転送にて対応できるようにしますが

 

その時の状況で電話に出れない場合もあるので

 

出来ましたら、15日以降に

 

お電話いただければ幸いです

 

よろしくお願いいたします!!

 

 

0 コメント

人は人から生まれる

 

 

人は人から生まれる

 

当たり前だよね

 

そりゃそうだ

 

 

 

でもね

 

当たり前じゃないんだよね

 

 

続きを読む 0 コメント

熊本水害からのメッセージ

 

3・11を越えて生きていく僕ら

 

僕らは多くの悲しみや苦闘や理不尽から

 

学ばなければならない。

 

 

そうしなければ 亡くなった命は無駄になり

 

喪失した故郷は浮かばれず

 

やがてまた起こるであろう

 

災害・・・そこに向き合うことをしなければ

 

その思いを繋いでいかなければ・・

 

 

 

何者でもない どこの豚の骨ともわからない

 

僕に 東日本大震災の被災地の方は

 

いろいろ話をしてくれたし

 

言葉を越えた表情や握りしめた拳

 

爪が食い込むほどきつく握ったあの手

 

僕はいつも思う

 

 

「俺たちは、お前に『伝えてくれ』そう言った

 それは あの3・11を伝えろじゃない

 あの日から起きた事 あの日からの事も全部

 お前が見たもの聞いたもの 感じたもの全部

 お前の一生かけて伝えろって事だ

 だから俺たちはお前に話、託してんだ」

 

 

その課題を13年胸に生きてきた。

 

 

NHKにも 行政にも 時には被災者にさえ

 

ボランティア団体にも

 

僕は噛みついて 時に暴れて 無茶苦茶して

 

意地でもその「課題」を模索しながら

 

カッコよく言えば 戦ってきた。

 

 

 

 

今回、参加者限定 クローズで行った

 

3年半前の「熊本水害」支援企画。

 

 

 

今までは知り合い1人といない町に行って

 

活動してきたけど

 

ついに「知り合い」が被災してしまった・・・

 

 

支援企画は、美容師・理容師向けの

 

 

カット講座をオンラインで開きました

続きを読む 0 コメント

3・11を越えて生きていく者たちへ

 

 

これは

 

「人間賛歌」

 

です。

 

 

是非ご覧ください

 

 

(ご視聴には十分ご注意ください

 震災当時の映像が含まれます)

 

続きを読む 0 コメント

未来へつなぐ想い・言葉を今年も

 

今年も何も特別なことはしない

 

3・11が近いからと言って

 

何かもしない

 

ただこの言葉たちを繋いでいく

 

 

2011年4月18日・19日

 

はじめての石巻で聞いた

 

声たち

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

 

「俺は働くよ!

 こうしていろんな人が俺たちの町のために来てくれる恩返しに

 俺は働いて税金納めて それが復興だし 恩返しだよ」
                     


                         
「俺たちは1000年に1度の災害を経験した 

 ってことは俺たちは教科書に載るんだ 

 俺たちがどうして被災して 何が問題で 

 どう復活したかそれが教科書に載るんだから 

 1000年に一度の検証が俺たちの役目だよ」



                        
「今日 俺のおかあちゃん焼いてきたんだ 今日が通夜なのかな」 

           

「食ってくれよ 遠慮すんなよ それしか今恩返しできねぇんだ」


           
「生きているだけで良い・・そう言えないんだよね」

 



「石原軍団なんてあんなの支援でもなんでもない 

 整理券なくちゃ入れないなんて 

 本当に必要な人に何にもしてないのに」

 


「ホームセンターで被災してね 

 屋上の駐車場に逃げて 

 もう駄目だって思ったけど 

 家族が一緒だからもういいかって思った」

 



「食料も何もなくて 

 流れてきた魚を食べてた 

 イカがたくさん流れてきて 

 でも重油や何かでベトベトで 水もなくて 

 流れてきたお酒で洗ってそれを食べたの。

 臭くてね。でもそれしかなかったの 

 子供は食べるんだけど吐いちゃって・・

 あっでもアナゴは美味しかった(笑)」

 



「ヘリコプターが飛んできた時は あぁ助かったと思っても 

 何もしてくれなくて 救援も来ない。

 何度も何度もヘリは来るんだけど 何もしない。
 そのうちヘリコプター見ると腹が立った。

 やっと物資を投下したのは6日後だった・・」

 



「避難所に何とか辿り着いたら 

 定員だからもう駄目って。

 せめて赤ん坊だけで言っても駄目だった 

 ミルクさえくれなかった」

 



「今は知り合いのところに世話になってるの 

 だってね孫が「普通のおうちに行きたい」って言うの・・

 ずっと家族みんなで車の中で暮らしていたから」



「助けられて 最初に孫がジュースをコップ一杯注がれてね 

「ねぇ全部飲んで良いの?」って。 

 屋根の上で救助を待っていた何日かは  

 流れてきたものを一口ずつ分け合って

 みんなで飲んでたから」



「行政は何もしない!」



「避難所に援助すれば大丈夫って思ってる人が多い。

 テレビとかが本当のことを伝えていないから仕方がない。

 こうなって初めて知ったの 

 テレビや行政は簡単でわかりやすいことしか 

 やらないし伝えない」



「必ず伝えて欲しい」

 


「地獄でした  本当に地獄でした」



「幼稚園バスがね 横倒しになって 

 そこに火災が来て みんな死んじゃった」

 


「今したいのは 外食したいかな(笑)

  焼き肉食べたい びっくりドンキーでもいい」

 

 


「不思議なの 食糧がないときね お腹空かないの

  寒くもないの ただ子供たちにって

 でね 救助されても 満腹感がないの やっと最近普通になれたかな」

 



「頑張ってって言われて

 やっと頑張ろうって受け入れられてきた」



「やるしかないよ」

 



「一日ご飯は おにぎり1つとゆで卵1つだけ

 それで一日10時間 看護師も先生も働いてた」



「チリ地震の津波は 大騒ぎしたのに

 50センチだったから 今回も甘く見てたんだよね」



「車にこだわって逃げた人は みんな死んじゃった」



「連絡がとれなくて だんだん死者の数が増えて

  一日たち二日たち

 あぁ駄目だったんだって思ってたら

 泥だらけになって帰ってきたの」


 
 
「はぁ髪を切ったらスッキリした」



「今日から再スタートなの だから髪をきるの」

  

 

 

「電線にですね たくさん本当にたくさん 

 遺体が引っかかってるんですよ。
 でも勝手にそれを下ろしてあげることが出来ない。

 警察がやらないといけないんです。

 だから 避難所や給水所に行き時に必ず見るんです。

 みんな言うんです 

 今日は何人みたって」

 



「ゴメン・・けんさん・・戻って良いですか?

 これ以上いけない・・違うんです・・

こんなんじゃないんです・・この街は・・

 違うんです・・ネオンがあってね・・

こんな暗くないんです・・昼間は平気なのに・・

 夜は・・・進めないです・・

 見て欲しいって誘っといてごめんなさい・・

 戻らせてください・・・
・・・・馬鹿な話してて良いですか?・・・

ここにラーメン屋あったんですけど 

味の素の味がメチャクチャすんすけど 

なんか美味いんですよ・・

ここの二階に貸しスタジオがあって 

ここど練習してたんですよ・・

僕はベンチャーズがきっかけでドラム始めて 

本来はロックなんス 

東京さ行ってJAZZにかぶれてみようかって(笑)

でもロックっす」

 



「本当は 添加物とかレトルトとか

 与えないで子育てしたいって思ってたけど 

 打ち砕かれました そんな事いってられないから」

 


「本当に自衛隊員には感謝してます 

 本当に頑張ってくれてる」

 


「見つかった遺体は下半身だけ。

 ポケットに免許証が入っててね。
下半身だけ?そりゃそうよ 

ビルだって壊す津波よ 人間なんて」

 


「石原軍団にはなんも思わないけど 

 長渕が基地で歌ってくれたのには感動した」

 



「お医者さんは医学的に 

 助けられる 助けられないって線引きできるけど 

 看護士はそれがないから 

 助けられないけど何か出来たんじゃないかって・・

 思っちゃいます」

 

 


「私 震災のホンノちょっと前に

 救急救命に配属になって いきなりですからね・・」 

 



「避難所で働いてくれてる中学生は 

 親兄弟なくした子も多いの。
 昼間は笑ってるけど 

 夜布団の中で声を殺して泣いてるんだって・・」

 


「遺族に説明するのが私たち看護士なんです。

 先生の説明は専門的だし 

 先生様に意見できない的な空気あるじゃないですか?

 だからそこで納得されたようでも

 遺族は私達に再度聞きに来るんです・・・」

 


「楽しかった~被災してるの一瞬忘れちゃってた」

 

「この地区は天国 ガスも水道も電気もある」

  


「僕らは年寄りから チリ地震も 

 三陸地震も聞いて育ったけど いつか風化していた 

僕らはこれをまた伝えていかないと 風化させないように」

 



「一気にたくさんの人とお別れしましたが 

 こうしてまた新たな出会いがあり

生き残った事を毎日確認し感謝しています。」

 



「これからです!!!」

 


「来てくれるだけでいいんです。

 聞いてくれるだけでいいんです。

 見たいだけで来ていいんです。

 観光でいいんです。見ればわかってくれると思います 

伝えてくれると思います」

 

 

 

「忘れたいけど、覚えておく」



「必ず 目に焼き付けてください 

 写真も撮ってください 

 一番の被害を見て欲しい そして必ず伝えて欲しい」

 

 

 

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

 


「必ず 目に焼き付けてください 

 写真も撮ってください 

 一番の被害を見て欲しい そして必ず伝えて欲しい」

 

最後のこの言葉は

 

言い回しが違おうが

 

本当にあの日あった皆さん口にしてた。

 

 

僕は

 

「伝えます、必ず伝えます」

 

そう答え続けた。

 

 

その約束は永遠で

 

俺は今も365日

 

毎日誰かに伝え続けてる

 

 

それが1000年後の会う事のない

 

誰かを救うって信じてるから

 

 

13年たっても 「あの」震災ではなく

 

「この」震災

 

過去にあった震災 後ろにある震災じゃない

 

そして起きてしまった能登地震・・

 

常に「今」は次の災害の前なんだ

 

0 コメント

未来は僕らの手の中

 

「今年の」3・11が過ぎようとも 続いていく時間の中

 

変わらない 変えようがないことがある。

 

それは 福島第一原子力発電所事故 において

 

僕ら首都圏の人間は「共犯者」であるって。

 

 

あそこで作られた電気はすべて首都圏のためのもので

 

チェルノブイリ事故や東海村原子力事故

 

様々な危険性事象を知りながら

 

そこに目をつぶり 蓋をして 好きに電気を使い

 

やがて この事故になってしまって

 

文字通り 地獄の蓋が開きかけた・・

 

それによって今 首都圏では13年過ぎて

 

その事故で何か大きな負を抱える人は見受けないけど

 

その事故の影響は今なお 福島や避難者の方々が

 

負い続けている。。。

 

僕らはその「共犯者」なんだ。

 

 

 

 

福島第一原子力発電所に

 

溜まり続ける

 

浄化済み処理水・・いわゆる

 

「汚染水」

 

この処理水の・・今年からかな「海洋投棄」が

 

本格的に動き出す

 

 

 

皆が言う 「汚染水」

 

正確には「浄化済み処理水」

 

その浄化済処理水の「水」とは

 

水素が3つ繋がった

 

トリチウム水 がたまり続けてる

 

(厳密には若干の他の核種もある)

 

 

 

トリチウムは、今飲んでる水の中にも

 

海にも雨にもどこにでもある核物質

 

 

 

 

世界中の原発では

 

このトリチウム水は海洋投棄してて

 

良い言い方でないけど

 

フランス産牡蠣などの海産物

 

オイスターバーでワインのシャブリなんかと食べるよね?

 

 

フランスは原発大国

 

そう 言い換えればトリチウム水大国

 

みんな フランス産なんて言えば喜んで食べるでしょ??

 

 

 

 

 

 

今回の処置に、抗議声明だした韓国も中国も

 

 

2019年では

 

韓国では205兆ベクレル

 

中国では907兆ベクレル

 

日本は震災後 原発稼働が抑えられてるから比較にならないけど

 

通常稼働していた震災前2010年で 307兆ベクレル

 

液体廃棄物として今までも 世界は現在も

 

海洋投棄してた している。

 

もう一度言うけど 

 

違法で流してるんじゃないよ

 

国際基準や安全性の確保で

 

海洋投棄してる

 

 

 

 

 

 

水素は水の構成元素だから分離が難しく

 

基本 どの水の中にも含まれるから

 

自然界にあるレベル以下に希釈して海洋投棄してきてるの

 

 僕が手にしてるのが

 

その「汚染水」正式には

 

浄化済み処理水

 

 

 

 

 

確かにトリチウム水の成り立ちが事故と言う

 

通常と違うから発生だから完全なトリチウム水ではなく

 

微量の他の核種が混在してるのも事実だけど。

 

 

 

話をしっかりしないといけない事とか

 

細かくも大切な事 沢山あるし 

 

それを知ってもらう 議論する 理解しあう

 

その重要性は100も承知

 

  

 

そこをすっ飛ばすのは怒られるかも知れないけど

 

これだけは知って欲しいし

 

これだけは考えて欲しい

 

 

 

 

風評被害

 

 

 

 

どうかお願いです

 

福島の農産物や海産物は

 

従事する皆さんが東北人の愚直さで

 

しっかり向き合い 真摯に育て

 

皆さんに届ける努力をしています

 

 

  

 

風評被害は

 

放射性物質が

 

トリチウムが

 

原発が起こすんじゃない

 

風のように漂う

 

マコトシヤカな話に

 

揺れ惑う

 

僕らが

 

僕らの心の中が

 

起こす事なんだ

 

 

 

 

風評は僕らが起こし

 

僕らがそれに惑うことなんだ

 

 

 

 

そのスパイラルを断ち切るのは

 

 

知る事

 

 

それに尽きる。

 

 

難しい事は僕は語らない

 

でもこれだけは知って欲しい

 

 

 

 

風評被害を起こすモンスターは、

 

僕らの中にある

 

「無知」

 

正体なんだ。

 

 

 

僕らは僕の中の

 

ゴジラのような、そのモンスターを

 

解放してはいけない

 

 

 

 

ボランティア活動なんてしないでイイ

 

究極 別に桃もキュウリも福島産が

 

全てじゃないから 食べたくないなら

 

食べないでもイイ

 

 

 

でも これだけは知って 

 

誰かに話してほしい

 

 

 

風評被害と言う

 

災害を起こすのは俺たちだ

 

 

 

自然災害は抑えられないけど

 

無知からくる人災は

 

抑える事が出来る

 

 

 

 

俺たちが、それをしてはいけない

 

知ろう 考えよう 感じよう

 

 

福島の海に流す「浄化済み処理水」は

 

国際基準に則って流すにあたり

 

人体被害 自然負荷はない。

 

 

 

 

風評被害に負けない自分になり

 

それを伝えて福島を守って欲しい

 

 

ガキンチョでも 爺さん、ばあさんでも

 

誰でも出来る最高の「ボランティア」

 

 

知ることを

あきらめない

 

 

 

海洋投棄の準備が始まる

 

だから、今から恐れられてる

 

風評被害=知らないと言う事

 

越えていくように

 

発信していかないと

 

 

 

難しい事は良い

 

風評被害を起こす加害者に

 

俺たちは間違っても

 

なってはいけない

 

 

 

 

 

風評被害なんてクソ喰らえだろ?!

 

もうコロナやなんかで散々やったじゃん

 

傷付けて 傷ついたでしょ?

 

どうか

 

福島の海を信じて欲しい。

 

 

加害者にならないでください!

 

 

 

 

 

 

 

5年前に書いた

 

福島第一原子力発電所を

 

訪れた時のレポート記事。

 

長いけど 今回のトリチウム水について

 

詳しく書いてあるので

 

合わせてお読みくだされば 

 

幸いです。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

僕は 東日本大震災で発災した
 
福島第一原子力発電所
 
通称  いちえふ
 
その まさに現場・いちえふ構内に
 
一般社団法人AFWの主宰する
 
視察に加わり
 
いちえふを直にこの目で見てきました。
 
 
 
 
 
いろんな人の いろんな記事を読むにつけ
 
見るにつけ  皆んな 言いたい事溢れるのは解るけど
 
小難しく書きすぎだ!!
 
 
 
そりゃ正確に伝える事も大切だけど
 
そこに注力し過ぎて 肝心の
 
伝わる側が置き去りな記事が多いと感じる。
 
あっ  非難じゃないよ
 
そう感じたのね。
 
 
だからね  この僕のシリーズは
 
ある意味大雑把に
 
そう、
 
 
猿でもわかる
 
福島第一原子力発電所
 
探訪記
 
そんなシリーズにしていきたいなと思います。
 
このシリーズのプロローグ。。クリック
 
猿でもわかる福島第一原子力発電所 その1。。クリック
 
 
この2つは ぜひお読みいただければと思います。
 
このシリーズのお読みいただく注意点と
用語の説明があります。
前回 長々と予定にはない・・・クリック
 
原子力発電所の仕組みと 事故の流れ
 
で なぜ  水  が重要かを書いてしまい・・・
 
 
飽きた??(≧∇≦)
 
でも
 
お願い!!もう少しついて来てm(_ _)m
 
 
今日のは
 
もしかしたら一番
 
伝えたいことかも。
 
 
さて。。
 
 
溶け落ちた核燃料・デブリを冷やすための水
 
そして 流入する地下水
 
この 水たちが  デブリに触れる事で
 
 
放射性物資に
 
汚染された
 
汚染水に
 
なってしまう。。
 
 建屋内部や格納容器内に溜まる
 
高濃度汚染水。。
 
この建屋内部の水は
 
以下のように循環させて
 
汚染水を循環させて デブリを冷やすって方法を取って
 
可能な限り 高濃度のを増やさないようにしてるの
 
要は汚染水を汚染する状況に戻して使い続ける
 
そんなイメージ。
 
 
 
そして
それとは別に
 
地下水が流入し 生まれる
 
汚染水・・・
 
 
汚染水タンクと言われるこの
 
増え続ける
 
鋼鉄の森のような タンク群。。

10月18日撮影

 
 
先ずは みんなが気になるのは
 
あのタンクの中の汚染水。。
 
どうすんの??ってことから行こうか。
 
 
ごほん・・・
 
最初っから問題発言行くよ~~~
 
 
実は
あのタンクの中身
 
 
汚染水じゃ
 
ありません!!
 
 
 
 
Σ(゚д゚lll)
 
 
 
エ〜〜
 
ってなる??よね??
 
 
正確には
 
ほとんどのタンクは
 
 
浄化済み処理水と言いうのが
 
 
貯蔵されています。
 
 
 
 
確かに 汚染された水でした。
 
その水をくみ出し
 
浄化設備 通称 アルプスってのや
 
キュリオン
 
サリー・・・
 
 
 
 
この建物の中にアルプスがあります。
 
まぁ
 
名前はどーでもいい(笑)
 
 
 
 
とにかく  浄化設備で 
 
汚染水に含まれる 汚染物質を
 
浄化した 「水」が入っています。
 
そう、とはいえ 
 
安全じゃないんでしょ?
 
そう思いますよね?
 
 
 
それも 正解!!
 
安全なただの水ってワケではない。
 
 
 
 
それは
 
 
1個の放射性物資と
微量の他の核種だけは
  
取り除けてないのね。
 
 
そのメインの一つってのが
 
 
トリチウム
 
 
 
 
 
トリチウムっていうのは
 
三重水素の事で
 
 
実は
 
も〜 その辺の
 
海に川に 沼にもある物資なの!!
 
あっ  タンクの中のは
自然界のより濃度は濃いよ(≧∇≦)
 
 
 
 
千葉県の稲毛の 穴川という川では
 
ずっとトリチウムの濃度調査をしてて
 
1960年代が むっちゃ高かったの。
 
それは何かといえば
 
当時、米ソの大気圏内核実験の産物。
 
要は 昔は バカバカ その辺で
 
核実験してて 爆発して飛び散った
 
放射性物資が世界中にばら撒かれてたの。
 
1960年代…
 
おかげさまで  1968年生まれですが
 
元気です(≧∇≦)
 
そう・・なんのかんの言いながら
俺ら子供の40年前時分は
今よりも放射性物質が
飛び交う世界に生きてたの!!
 
 
あとね、
トリチウムは
製品にも利用されてて
 
身近で言えば  時計の蛍光塗料の一部
 
 
 
 
 
これ トリチウム(≧∇≦)
 
身近でしょ??
 
トリチウムは 皮膚を貫通できないし
 
もっとも安全というか 害の少ない
 
放射性物資と言われてて
 
なんで  除去できないかって言えば
 
水って  水素と酸素で出来てるじゃん?
 
トリチウムは
水素が3つくっついてる物資だから
 
水に混ざってれば ざっくり言えば
 
フィルターとか通しても
水素だから区別できない!!
 
化学的には分離出来ないの。
 
(方法はあるにはあるけど。。。)
 
でね
 
実は 世界中の
 
原子力発電所では
 
このトリチウムは 
 
自然界と同じような
 
濃度に水で薄めて
 
海に捨ててるの!!
 
 
って 事は
 
実は 今までもトリチウムは
 
日本でも
 
海洋投棄してきたのだ!!
 
 
ちなみに 茨城の東海村の
原発近くの海岸でも
 
定期的に計測して 
 
原発からの希釈放出が 自然界に影響を与えていないのも
 
確認されてます。
 
 
とってつけたように 最近調べたんじゃなく
 
相当の昔からのデーターからね。
 
最近のデーターじゃ  
 
東電の
データー改ざん陰謀説とか
言われそうだから(≧∇≦)
 
 
 
ビックリした!?
 
 
コレ 書くと  
 
東電の回し者呼ばわりか
 
炎上に気をつけてねって
 
ある人にも言われたけど(笑)
 
んー・・・
 どストレートに書いちゃった(≧∇≦)
 
だって事実だもん。
 
それにオレ
 
反原発のスタンスよっ(#^^#)
 
 
とはいえ、2例あんのかな?
 
高濃度トリチウムでの死亡例が。。
 
それと低線量被ばくって問題を
 
提起する人もいる。
 
これも事実として併記しとかなくちゃね。
 
 
 
 
ただし 海洋放出すれば 
 
なんせ でっかく広い海
 
自然に勝手に広まって薄まっちゃうのさ(笑)
 
自然てすげ~よ。(≧∇≦)
 
 
 
で もともと海に普遍的にあった
トリチウムと一緒になって
 
いずれ消えてく。。
 
だからずっと同じ場所にいる人間が
 
海洋投棄したトリチウムで
 
低線量被ばくすることは考えにくいって
 
俺は思うの。
 
 
 
まぁ
 
何が言いたいかというとね。。。
 
 
だったら放出しちまえ!!ではないの。
 
そんな乱暴なことじゃいけない。
 
 
 
今 この   が 放出出来ないワケは
 
こんな 理屈の話じゃないと思うの。
 
 
 
 
何が重要かと言えば
 
 
風評。。。
 
 
 
 
福島や茨城 宮城もかな
 
もしも 今 海洋投棄をしたら
 
確実に  風評被害が巻き起こる。
 
 
 
放射性物資
 
まみれの海だ!!
 
汚染された
 
魚だ!!って。。。
 
 
 
今までも2011年3月11日以前も
 
そうしてきてて 普通にみんな福島の海産物食べてたのに・・
 
でも  読んで信じてもらえたかは
 
わからないけど  事実としては
 
こうなんです。
 
 
それをどう捉えるか?
 
 
あのタンクの中の
 
水の行く先を
 
決めるのは
 
実は 政府でも
 
東電でも
 
漁協でもなく
 
 
他ならぬ  
 
僕たちなんです。
 
 
不安なのもわかるし
 
心配でしょう お子さんいる方は 特に。。
 
 
 
 
でも  僕たちが トリチウムと言うもの、
 
こういう事実をどう受け止め
 
理解し 分かち合い
 
世論って ものを作っていくか。。
 
風評と言う
 
実は 俺たちが生み出す
 
モンスターを
 
俺たちがどう認識して
 
理解していくか
 
福島の一つの問題は
 
俺たちが解決できることなんです。
 
海産物だけじゃない
 
米も果樹も野菜も
 
福島の問題は
 
俺たちが解決できることなんです!
 
 
 
いつも言うように
 
 
他人事じゃなく  
 
 
僕らは原発問題の
 
 
主体者なの。
 
 
 
福島って言う
 
 
知らない土地の
話じゃない 
 
俺たちが向き合い
  
解決できる事も 
 
あるんだ!!
 
 
 
 
 
福島の魚食わなくても 問題ない??
 
そら そうでしょうよ。
 
でもさ
 
福島の魚  美味いよ!!
 
メヒカリ マジに美味いのよ!!
 
 
 
こいつ肴に
福島でとれた米で作られる
自然郷って酒。
 

 

 

きゃ~ってくらい

 

美味しいの💛

 

 

 

この 卵酒は もうカスタードのような感じの

 

他には絶対ない味わいのお酒!!

 

震災乗り越え 頑張ってらっしゃいます!

 
 
食いたくなきゃ 食わなくてもいいけど
 
でも 
 
 
ちゃんと 風評でなく
 
理解はして欲しいの!
 
その上で  福島を見て 判断して欲しいの。
 
偉そうだけど。。。
 
 
 
今回は 
 
汚染水タンクと呼ばれるものの
 
正体
 
そして  その解決方法の鍵は
 
 政府でも東電でもなく 
 
俺たちが 握っているんだって話でした。
 
0 コメント

復興とは?

今年も3月11日が来る

 

もう過去でしょ?

 

まだそうなの?

 

前向こうよ

 

進んでいこう・・・

 

 

カタチの戻る「物」

 

家 道 ビル 街・・

 

カタチあるものが戻れば戻るほど

 

絶対に戻せない「者」。。

 

それは区切るも 節目も何も存在しない

 

 

 

 

 

復興ってなんだろう?

 

10年前くらい東北でそのことを

 

聞いて回る1年にしようと

 

行く先々で聞いて回った

 

 

経済を言う方もいた

 

笑顔を言う方もいた

 

 

でも

 

ある大学生はこう言った

 

 

「復興はない」

 

 

 

 

・・・・・

 

 

「僕が生まれた地区は

 目の前が海 そして土地は畑や

 田んぼがって

 そこで摂れた野菜やお米や魚を

 食べて育って

 

 震災で土地は流され、なくなって

 石巻の街中に引っ越して

 そこではじめて買って牡蠣を食べた時

 『不味い』って思ったんです。

 

 僕の育った海は特殊な海域で

 牡蠣の生育に物凄くあってて

 美味しいんです。

 

 野菜も米も美味しい

 

 僕はこれからの人生でそれらを

 もう一生食べられない

 覚えてる 味を覚えてるけど

 もう食べられない。。

 

 震災で失くしたのはそう言うものも

 あるとしたら 僕には『復興』は

 一生ないです。

 

 復興って何か?って聞かれたら

 この震災を経験した人全員が死に絶えて

 その後の世界 震災をしらない

 その世界が普通って人だけの世界に

 なったら『復興』じゃないですか?」

 

 

 

僕は二の句が付けない程の

 

衝撃を受けた。。。

 

 

そこまでなんだ・・

 

そう言う事なんだ・・・

 

 

僕のゲストの原発被災者の方にも

 

この話したら ある意味「絶句」して

 

そうかもね・・って深い声でつぶやいた。。。

 

 

 

街がキレイに整う事

 

人が行きかう事

 

経済がまわり

 

暮らしが安定し

 

一見 いわゆる「復興」というもの

 

TVやメディアで取り上げられ

 

語られ 観させられる

 

街や人の姿

 

 

 

たとえそれらが

 

明るく朗らかで

 

前向きであって

 

「復興」という言葉が踊ろうとも

 

その足元には

 

まだあの日の津波は渦を巻いて

 

人の心の中にうごめいて

 

大切な何かを引き裂いてる。。。

 

 

別に

 

だからって観方を変えてくれって

 

話じゃない

 

でもね・・

 

それを知ろう

 

 

 

俺は

 

知ることをあきらめない

 

死ぬまで

 

知ることをあきらめない

0 コメント

コテパーマ無双、でも本当に嬉しいのは・・

 

 

 

この動画をご覧いただいた方・・

 

 

 

 

続きを読む 0 コメント

こう言う時間、久しぶり

 

 

意外に思うと思いますが

 

義兄弟のような

 

おゆき

 

 

続きを読む 0 コメント

あと1か月半!

 

 

あと一か月半で・・

 

 

続きを読む 0 コメント

僕がこのパーマをかけれたワケ

 

 

パーマとかカラーとか

 

自店でもそうだけど 他店でもそうだけど

 

「履歴」

 

って凄く大切なんです。

 

何でかって言うと・・・

 

 

続きを読む 0 コメント

アルフィー残酷物語・・

 

 

 

一昨日、仕事終わりにビール買いに

 

地元スーパーに行ったて

 

一歩足を踏み入れた時

 

ドラムの「ドン!」って音と

 

ギターの「ジャンジャジャン!」って音

 

一瞬で

 

 

続きを読む 0 コメント

遺すもの・・・

 

 

熊本水害から今年4年目を迎えるけど

 

僕は 8年前の「熊本地震」でも

 

支援企画をやってて

 

東日本大震災の被災地・宮城県石巻市で

 

熊本地震復興祈念LIVEをやって

 

 

 

 

続きを読む 0 コメント

自身初の・・・

 

 

 

面白いことに、例えば僕の一つの代名詞

 

コテパーマの完全オリジナル

 

「デジコテピン」

 

 

続きを読む 0 コメント

女性の薄毛のお悩みに。。。

 

 

今や女性でも加齢による 

 

「薄毛」

 

気になりますよね・・・

 

 

続きを読む 0 コメント

熊本県がひた隠しにしたい真実



今回の熊本水害での支援活動のラストに

僕らは驚愕の事実を知ってしまった。。。



それは くまモン って


続きを読む 0 コメント

journey

 

 

中学の時 新宿発の最終列車に乗って旅に出た。

 

真夜中0時過ぎの「アルプス」とかって名前のついた

 

長野県松本行だったかな?

 

 

ワクワクして窓にオデコくっつけて

 

真っ暗な過ぎゆく街を眺めてた

 

各駅停車の列車 もうどの駅からも

 

降りる人はあれ 乗る人はいない・・

 

 

一睡もせず外を見てたら やがて

 

空が白み始め 気が付けば

 

降車する人に入れ替わり

 

乗る人がある駅からい始めた

 

 

その時僕は気づいた

 

新宿発の最後の列車は

 

ある駅からの始発列車になる

 

 

 

まるでタイムマシンだって

 

隣の駅の最終列車が

 

次の駅の始発列車に

 

その間の線路のどこかを通過した時

 

僕は最後から最初に跳んだんだって

 

 

終わりは始まりに繋がる

 

終わりは、必ず始まりを秘めてる

 

だからあの新宿を出る時

 

発車のベル 動き出した列車の軋み

 

振動 行き過ぎる光・・

 

ワクワクしたのは

 

終わりから始まりに向かうからって

 

 

 

えぇ中学生が考えました。当時から変な子です(笑)

 

 

 

最終列車は朝焼けに向かって

 

突っ走るんだ!!

 

 

 

 

今日 ある「声」の最後に立ちあう

 

その声とは、もう20年以上かな?の付き合いだ

 

路上のバーで歌う彼女の声に魅了され

 

ずっと仲良くさせてもらってきた

 

 

彼女の歌「journeyman」

 

その歌の着想?には

 

僕も関わり

 

僕をモチーフにした

 

Mr,Orbmanって歌まで書いてくれた

 

 

僕のそばには、常にその「声」があった

 

 

 

ただその「声」は今日が最後

 

 

ってもう喋れなくなるんでも

 

歌えなくなるんでもない

 

ただ「今の声」から変わってしまう

 

 

 

ボーカリストとして ものすごい葛藤と

 

ものすごい決断だったと思う

 

 

でも 今日の「最後の声」は

 

「新しい声」を連れてくる

 

内包してる 新しい夜明けに突っ走っていく

 

まだまだ旅は続く

 

そう、旅は続く

 

 

 

続きを読む 0 コメント

シン・髪のライザップ2回目

 

「シン・髪のライザップ」が始動して

 

そのブログ(必読)‥クリック

 

 

前回から2週間目です。

 

 

この2週間目には「ワケ」があります。

 

 

それは・・・

 

 

 

 

続きを読む 0 コメント

高効率的な仕事とは?

 

 

今日は「高効率的」な仕事をしました!

 

もう「超」が付くくらい!!

 

 

続きを読む 0 コメント

衣食足りて礼節を知る・・僕らは「節」を守る仕事なんだ

 

 

もうすぐ発災から3か月の

 

能登地震。

 

 

今 スケジュールがパンパンのため

 

現地に行くことが出来ない中

 

それでも・・といろいろやってて

 

その中で同業の仲間が被災し

 

断水のため、ボイラーに水が入らず

 

シャワーが使えない。。でも電気は来てるようで

 

井戸水を沸かしシャンプーをしてるという

 

石川県七尾市の

 

ヘアーカプセル ←click の

 

 

桑原さんのSNSの発信をみて

 

僕の持ってる

 

 

 

続きを読む 0 コメント

幸福論

 

 

実は相当な「陰キャ」の僕。

 

そんな陰キャの僕が 

 

こんなにたくさんの方に囲まれて

 

ワイワイ生きてれるって

 

本当に感謝しかないのね

 

 

だからその感謝って表したいのさ

 

だから・・

 

 

続きを読む 0 コメント

素敵なグレイヘアに最適なパーマ法

 

 

 

この素敵なグレイヘアの毛流れ・・

 

 

続きを読む 0 コメント

パーマをかける時、一番大切な事

 

 

 

 

「今までどこにいってもパーマはかからず

 かかったとしても翌日には消えるこの髪に

 5か月も持つパーマをかけてもらえるだけで

 『神』ですよ!!」

 

 

そう言う会話をお会計終わって

 

お帰り前にしたのには「ワケ」があって・・・

 

 

 

続きを読む 0 コメント

ヘアスタイルをオマカセされて一番大切にしてること

 

 

完全オマカセ・・・・

 

 

それが開く未知なるアナタのヘアスタイル・・・

 

それを生みだすのは

 

勿論、髪質や骨格を考慮もします

 

 

でも、僕が一番大切にしてるのは・・・

 

 

 

続きを読む 0 コメント

目から鱗!癖毛を活かすには、美容室に「コレ」持参!

 

 

もしもアナタが癖毛で

 

その癖毛をより良く活かしたいなら

 

この動画を観て・・・

 

 

続きを読む 0 コメント

経営って?ナニ??

 

 

 

日経株価が凄いことになっているようで・・・

 

 

 

あっ今日は

 

床屋の話出てきません!!

 

(笑)

 

 

続きを読む 0 コメント

シン・髪のライザップ始動!!

 

 

ひそやかな反響のあるこの

 

 

続きを読む 0 コメント

被災地での「炊き出し」の楽しみ方!

 

 

 

能登地震から2か月余り・・

 

仮設住宅も着工され(まだ足りないけどね・・)

 

避難所などでの炊き出しや

 

僕もやったけど「片付けしてる人の地域」

 

要は路上ね

 

片付け作業してると「お昼」

 

なかなか準備や食べられない

 

だから「そこに出張」して

 

 

続きを読む 0 コメント

反論はありがたい

 

 

 

SNSでの発信で

 

非難されたり 誹謗中傷や 様々な反応から

 

最近も、自殺をしてしまった漫画家さんもいるね。

 

 

SNSに何かを投稿する時

 

作用反作用や功罪や

 

相反する 思いとは違う反応が

 

どうしてもある。

 

 

いや、それがあるようになるくらいになれば

 

SNS上での「存在」があることなので

 

ある意味良いことだ。

 

 

 

僕はしばしば「暴走」する

 

でも ぶっちゃけ「わざと」な時もある

 

あっ炎上商法ではないよ

 

 

自分の中の「伝えたいこと」を

 

伝える時には 時として

 

誤解や不具合を覚悟して

 

向き合わなくちゃいけない事がある

 

 

以前、ボランティア関連での

 

NHKの密着取材さえ ご破算・放送差し止め

 

にするくらい発言は尖って 挑発的な言葉の

 

羅列で それは「わざと」だった

 

 

被災者の方々が僕を信じてくれたのは

 

その「嘘」のなさ、むき出しの感情があったから

 

そこを世間様に合わせてしまうのは

 

裏切りだと思ったから

 

 

 

今の世の中 そういう「伝える」と言う事

 

自分をさらけ出すこと

 

そこに「世間一般」「コンプライアンス」的な

 

モヤッとした「何か」へ過剰な「配慮」や

 

何か言われたら「謝罪」など・・

 

「自分」を出すこと 言い切ることが

 

非常にしにくくなっている。

 

 

 

でも・・ネジぶっ飛んで

 

非難上等 中傷覚悟でも

 

言いたいことは言わないと

 

 

 

勿論 なんでもだから言ってもいい訳じゃない

 

そんなの分かった上で

 

全部のリスク覚悟で

 

 

 

続きを読む 0 コメント

美容師の不適切にもほどがある「嘘」を暴く

 

 

美容師は「嘘つき」

 

あなたをはぐらかし、誤魔化し

 

貶めさえする・・・

 

 

続きを読む 0 コメント

陰と陽~世界のオザワともう一人の天才~

 

 

世界的指揮者・小澤征爾さんが亡くなった。

 

別段クラッシク音楽が好きな訳ではないけど

 

小澤征爾で好きなエピソードがある。

 

 

それは・・

 

 

 

続きを読む 0 コメント

ハゲか?陰毛か?嘘つき美容師を暴く!

 

 

縮毛矯正をかけてる、かけてきた方々には

 

きっとこんな思いをされてきた方

 

言われてきたことがある方

 

少なくないと思うんです

 

 

癖毛の方の本音中の本音の叫びブログ

 

 

 

 

続きを読む 0 コメント

地道に

 

 

地道に・・・地道に・・・

 

 

続きを読む 0 コメント

ヘアドネーションに一番向いているのは・・

 

 

ヘアドネーションていうものが

 

ほぼ一般的になり 説明が要らなくなって

 

久しいけれど 意外と知られていないのが

 

1つのウイッグを作るのに

 

30~50人分程度の寄付された髪が必要なのと

 

最低31cmの長さを切らせていただくけど

 

その最低の長さ 基準ギリの長さだと

 

作れるウイックは「ショートヘア」のウイック

 

 

一番需要あるのはやはりセミロング以上のウイック

 

つまり45cm~50cm以上切らせていただけると

 

有難いのです。

 

 

で、今回のゲスト・Kさんは

 

orbで二度目のヘアドネーションしていただけます

 

 

 

続きを読む 0 コメント

不適切にもほどがある!!

 

 

今話題のドラマ

 

 

続きを読む 0 コメント

ヲタク的キノコヘアをセクシーに

 

 

一見・・・・

 

 

 

続きを読む 0 コメント

コスパが良いと、コスパが悪い


コスパが良いってさ、嬉しいよね!

支払うお代より、バリュー・・価値が高いって

大切な「売れる」要素だよね



でも、こと美容業界で言うと

例えば、今日のゲスト菰田さんの

もう2年以上前にかけたパーマ


続きを読む 0 コメント

ありがとうございました!がたくさん言いたくなる!

 

 

orbのドアを開けるなり

 

「これ、みんなから」

 

そう言って手渡された紙袋には・・・・

 

 

続きを読む 0 コメント

オワリハジマリハジマルではじまったコト

 

 

1月にこんなブログを書いたの

 

「オワリハジマリハジマル」 ←click

 

 

その内容は、

 

 

どんなモノ・コトにも

 

「オワリ」はある。

 

必然であり、不可避な事

 

成長と言うものにこそ必ず「オワリ」は来る。

 

 

 

から始まるブログでね・・・

 

 

 

 

続きを読む 0 コメント

ペタンコ髪・後頭部絶壁解消レシピ

 

 

例えば、エイジング毛でもそうだし

 

抗ガン剤治療後の髪でもそう

 

つむじ割れなんかもそう

 

 

どうしてもスタイリングだけじゃ

 

解決でいないお悩みですよね・・・

 

 

 

でも、この方法なら

 

洗って乾かすだけでフンワリ髪が!!

 

 

続きを読む 0 コメント

人生は夢じゃない



甲本ヒロトの

 

「幻なんかじゃない

 人生は夢じゃない」



って凄く捉えようによっては

覚悟がいる言葉だよね


続きを読む 0 コメント

究極のマネーロンダリングの仕方教えます



政治家の皆様

国民の三大義務の一つ


納税


の為


続きを読む 0 コメント

劇的変化こそ美容室の醍醐味



美容室の醍醐味って

劇的ビフォア・アフターのような

大変身


それってありますよね??


本日のゲスト・塚本さん



続きを読む 0 コメント

美容室なんて信じない~浅き川でも深く渡れ~

 

 

僕はいつもこう思ってる

 

 

「俺たちはゲストに

 信用されていない」

 

 

って

 

続きを読む 1 コメント

全人類に告ぐ!ヘアカラーをする時コレを知らないと危険!



ヘアカラーをする時

コレを知らないと

マジに危険!!!

いや、本当に釣りでも大袈裟でもない!!



続きを読む 0 コメント

interview with ・・・・

 

本日のゲスト・Sさんは開口一番

 

 

「今日はケンさんにお願いがあります

 私、記事にしたいので

 ケンさんの【縮毛矯正】について

 どうやってコレが生まれたのか?

 どういう想いで縮毛矯正してるのか?

 今までどういう歩みで来られたのか?

 そういうお話をお聞きしながら・・・」

 

 

 

続きを読む 1 コメント

どうも 俺です。

 

 

 

どうも、ラテです。

 

 

続きを読む 0 コメント

ヘアドネーションの真髄(個人の想いですが)

 

 

本日のゲストは、ブログやyoutubeからの

 

はじめましての Aさんです。

 

 

続きを読む 0 コメント

初尽くし



今年最初  そして初の冬キャンプ

毎度お馴染み


続きを読む 0 コメント

酒よ・・

 

 

僕は12年前 東日本大震災の避難所近くの

 

コンビニエンスストアで時間調整して車の中にいた

 

 

 

すると、おじいさんが一人「缶ビール」を手に

 

コンビニから出てきた。

 

満面の笑みで 出口でて即ビールを「プシュ!」

 

一口飲んだとたん

 

大声上げて泣き崩れた 本当に膝をついて

 

大泣きしてた。

 

 

 

そう言うものだ。

 

 

酒好きだから言うんじゃない

 

酒はこういう時にこそ大切だ

 

 

 

ラジオに出た時

 

石巻の人たちとの出会いやどうやって

 

仲間の様になれたんですか?

 

の質問に答えたら パーソナリティの方が

 

「ケンさん、全部お酒なんですね!」

 

 

うん、全部酒。

 

 

なんせ震災から1か月の最初の支援に

 

ビール1ケース持ち込んだくらい

 

 

 

そう言えば

 

熊本水害を受けて

 

3年前熊本・人吉に行った夜

 

動画配信したけど

 

そのタイトルは

 

「スナック・お人よし~語りたい夜もあるのよ~」

 

 

続きを読む 0 コメント

癖毛✖グレイヘア=あなただけの魅力

 

 

癖毛でずっと悩んできた方が

 

大人になり「大人の白い髪」も気になってきた。

 

 

それならばと「グレイヘアと言う生き方」を選ぶも

 

どこかしっくりこない・・・

 

 

何故なんだろ?

 

やっぱり癖毛だから?

 

グレイヘアは似合わない?

 

 

そんな思いの方に・・・・

 

 

続きを読む 0 コメント

オワリハジマリハジマル

 

 

どんなモノ・コトにも

 

「オワリ」はある。

 

必然であり、不可避な事

 

成長と言うものにこそ必ず「オワリ」は来る。

 

 

 

僕はネガティブな人間

 

凄くネガティブ

 

 

でも 僕の考えるネガティブって・・・・

 

 

続きを読む 0 コメント

ヘナって臭いよね・・・

 

 

匂いには好き嫌いの幅が

 

個々人で凄く大きい💦

 

だから ヘナの臭いを「好き」って方もいるけど

 

「嫌い」「苦手」って言う方もいます。

 

 

使いたいけど、臭い・残臭が・・・って方のために

 

ご家庭にある「アレ」で

 

ヘナの臭い問題を解決!!??

 

 

続きを読む 0 コメント

弱い者たちが夕暮れ、さらに弱いものを叩くことのなきように

 

 

災害の超急性期が徐々に落ち着いてきて

 

「今後」を考えようとし始めた時

 

頭にもたげる不安を「解消」するために

 

人は「敵」を作ってしまうことがあります・・

 

 

残念だけど事実だし、悲しいけど人の業だと思う・・

 

 

東日本大震災の現場でも

 

西日本豪雨の現場でも

 

「外国人の集団が来て 誰もいない家の中に

 勝手に入り込んで お金やモノを盗んでいくのをみた」

 

そう言う話をたくさん聞いた・・・

 

 

100年前の関東大震災の時も

 

「朝鮮人が襲ってくる」みたいな

 

流言飛語が一気に広まり

 

朝鮮人大虐殺があった・・

 

やられる前にやってやるって。

 

 

100年たっても人は弱く脆く

 

今の現状を嘆く時

 

自分より弱い者 攻撃する相手を

 

「作り出そうと」してしまう

 

自分の心の平穏を保つため。

 

 

 

外国人だけでなく

 

もう数か月したら

 

避難所では

 

「うちよりアンタのとこはまだいいよね!」

 

「アンタに何がわかるのさ!」

 

今まで肩組んでいた者同士が

 

「生活再建の早さ」

 

「経済的格差」

 

「仕事のあるなし」

 

様々な「差異」が出てきて

 

世に言う「絆」なんて簡単に断ち切れてしまう

 

 

 

そんな罵りあいもたくさん見てきたし

 

悔し涙も見てきた

 

 

 

 

どうか・・・

 

今 どうしても弱り始める心

 

そこを蝕む不安や嫉妬

 

そこに負けないで欲しいです

 

 

言いたい気持ちもわかる

 

言ってはいけないとは言わない

 

想う事も仕方ない

 

でも、みんな同じじゃない

 

みんなそれぞれなんだ

 

 

「同じ被災者」ではあるけど

 

抱えてる事情は全員「違う」

 

みんな違うんだ

 

 

同じに惑わされず

 

組み込まれず

 

手をつなぎ 肩を組めるところは

 

協同し

 

違う差異があるなら

 

そこは離れて

 

 

弱った心を救うために

 

さらに弱い何かを、誰かを生みだしませんように・・・

 

 

 

 

 

 

0 コメント

ヘッポコバンド再び!

 

 

そりゃまぁ・・

 

うんうん俺がやらかしもしたし💦

 

期待していただいてたようではないでしょう。

 

 

でもね・・

 

 

続きを読む 0 コメント

洗い流さないトリートメントって、どうなの?

 

 

洗い流さないトリートメント・・・

 

濃密ヘアマスク・・・

 

ボカニタルヘアオイル・・・

 

 

いろいろありますけど・・

 

いろいろあるけど

 

何年も前からあるけれど

 

「髪がパサついて・・・」

 

「毛先が傷んで・・・」

 

そんな声が絶えた試しがありません・・

 

何年も使ったり、いろいろ試してても

 

その悩みは解決されない・・・

 

 

それって

おかしくない??

 

 

続きを読む 0 コメント

ぶっちゃけ困ってる・・・

 

 

【オーブヘアミュージアム】で検索かけると

 

勿論、僕のお店のHPが出てくるんだけど

 

下にスクロールしていくと

 

あるサロンが出てくるんです・・・

 

 

ぶっちゃけ困ってます💦

 

 

続きを読む 0 コメント

防災意識が高い今だからこそ知って欲しい。

 

 

僕も12年前の避難所で

 

何度も見たし 一緒に(余ってたから)食べたけど

 

避難所での最初の頃の食事の配給や

 

炊き出しは「炭水化物」がほとんどです。

 

 

おにぎりやパン・カップ麺

 

たしかに食べれることは大切で

 

本当に良いことんだけど

 

決定的に「繊維質」「食物繊維」「ビタミン」が

 

足りないんです。

 

 

でも 野菜は日持ちしない・・

 

 

そこで僕も備蓄してるけど

 

 

続きを読む 0 コメント

だからやり過ぎだってば!!でも・・

 

 

え~縮毛矯正をすると

 

「髪のボリュームが収まる」

 

えぇ確かにそうなんですよ

 

そうなんですが、時々いらっしゃるんです

 

それでもボリュームが抑えきれない方が!!

 

 

続きを読む 0 コメント

僕らの仕事は、生きていくことに絶対必要ではないけど

 

 

今回の能登半島地震では

 

きっと数多くの理容室・美容室も

 

被災されたんだと思う・・・

 

 

2011年以降 繰り返される災害の

 

ほぼすべての現場に立った僕の

 

誇りに思う景色。。。。

 

 

続きを読む 0 コメント

成人式が終わったら・・・

 

成人式が終わったら、そのために伸ばした

 

長い髪

 

が、あるのならこういう選択もあると思います。

 

それは

 

 

 

 

続きを読む 0 コメント

能登地震への支援物資が現地を苦しめることにもなる



成人式のお支度の翌日は

朝イチから

続きを読む 0 コメント

善き日に



善き日のお支度を託されたからには。。。

それだけじゃないね、プロとして看板あげているんだ

それを受けたからには、言い訳なんてする余地はない

床屋だから

習った事ないから

そんな御託ならべたり

忙しいだのなんだのいう訳にはいけない

だからご予約いただいてから

もう練習のウイッグがボロボロになるまで

練習して追い詰めた


そしてその「善き日」を迎える

あかりちゃんをお迎えしました


続きを読む 0 コメント

発災から1週間・・前なんてみるな

 

 

 

状況によっては、避難所によっては

 

少しだけ ほんの少しだけ

 

心のどこかが落ち着いて

 

でもだからこそ「不安」がもたげてきて

 

怖さが体を覆い 涙がやっと出るようになった・・

 

そんな時期かとも思います。

 

 

新成人もね 成人式どころじゃないし・・

 

 

こういう「節目」にこそ

 

「置いて行かれる感」「欠落感」を

 

余儀なくされることでしょう・・・

 

 

 

いろんなボランティアや自衛隊

 

様々な人が「前を向いて進みましょう」って

 

きっと言ってくる時がもうすぐ来るでしょう。

 

 

そんな時 思い出してください

 

 

「前?

 そんなもん

 どっちが前だか

 わかんね~よ!!」

 

 

 

毒吐いて良いんです。

 

 

これは、12年前 東日本大震災で被災した方が

 

「ボランティアの人とかが『前向いていきましょ』

 なんていうけど、そん時は『はい、ありがとう』

 なんていうけど、本心は 

 『前?そんなもんどっちが前だか

  わかんね~よ!!!』

 心の中で毒吐いてた」

 

 

 

 

前をみて 見たとして

 

そこに広がるのは

 

どうしていいか分からない「不安」の未来です。

 

時には「絶望」に打ちひしがれます・・・

 

 

 

 

そんな方に、僕はこうも言われました。

 

 

僕は東日本大震災発災後1か月目には

 

石巻市に行き そこから隔週状態で

 

何度も何度も何度も通い12年目が過ぎようとしてます

 

僕はボランティアなんてしたことないし

 

やり方なんてわからなくて 手探りで始めました

 

だから「役に立たない最弱の連中」とまで

 

 

 

でも

 

数年後のある日

 

「ケンちゃんがさ、最初の時 来るたび、来るたび

 次はこれやる!次はあれやる!

 できもしない風呂敷広げてさ

 ホントなんも出来ない癖に言うだけ言うから

 みんなで『じゃぁケンちゃんが次来るまで

 ココ直しとこ』『冷蔵庫用意しとこ』

 『あれ用意しといてやるっちゃ』・・・

 みんなが先をみたら『絶望』しかなかった時

 アンタが あぁだこうだ言うから

 先みてる暇さなぐて 来週までにとか

 再来週までにとかさ 先をみないで済んだのさ

 で、気が付いたら1年過ぎてて・・

 絶望しないで済んだっちゃ」

 

 

どうか 前なんて見ないで

 

どうか 先をみないで

 

どうか 今日をただ今を生きてください

 

それさえ過酷な事です

 

どんなに手を握り締めようが

 

温かな炊き出しをボランティアが用意してくれて

 

その人たちが「一緒に頑張りましょう」なんて言うでしょう・・

 

 

 

そんな奴らの「一緒に」に心で唾吐いて良いんです

 

何が一緒だ!一緒な訳ね~だろ!!って

 

 

僕はこんな経験を初めて行った石巻の帰りにしました

 

それは「食事を選ぶ」と言う事

 

 

佐野藤岡だかどっかの高速のサービスエリアで

 

あの当時全国的に全ての流通が止まり

 

品薄状態で メニューも確か3品しかなくて

 

でも「3品」から選べる 選んでる自分に

 

衝撃を受けたんです。

 

 

さっきまで・・3時間チョイ前にあっていた

 

被災者の方は「ご飯」なんて選べず

 

おにぎりが配給されるだけでした

 

 

その時

 

「あ・・・俺・・絶対『理解できない』

 『分かち合えない』んだ・・」

 

って思ったんです

 

 

家も失わず 冷たい床にも寝ず

 

寒さも 飢えも 渇きも

 

トイレの汚さもしらない

 

家族も故郷もいつに変わらない僕が

 

どうして、あの地の人の気もちが

 

わかろうか?って

 

 

だから・・

 

もちろん本当の気持ちでボランティアの人は

 

皆さんに接してくれるでしょう

 

でも「けっ!!!!!!」って思う気持ち

 

持つのは悪くないんです。

 

 

どうか

 

外からの「被災者の方を定義づける」

 

身勝手な視線や圧力に唾吐いてください

 

 

イイんです

 

感謝する時は感謝していただいて

 

でも

 

違う時は違う!って怒っていいんです。

 

イイ人にならないで良いんです。

 

 

 

どうか、どうか

 

前なんて今は見ないでください

 

イイ人に押し込まれないでください

 

 

 

 

 

0 コメント

シースルーマッシュって言うんだ?



二度目のヘアドネーションを任せて貰えるって

すごく嬉しいんですよね。


今回2度目のヘアドネーションの

 

森山さんのご希望は

 

 

「シースルーマッシュ」

 

 

・・・??って???

 

 

おぢさん分かんない(笑)

 

続きを読む 0 コメント

そう言うキャラですよね

 

こういう意見もあるだろうけどさ・・・
とある方の「X(ツイッター)」の投稿・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
とりあえず、今回の地震でミュージシャンの
演奏ボランティアは一旦待った方がいいです。
衣食住が整ってない時に音楽のボランティアは迷惑になります。
最悪の場合、石投げられますよ(経験談)
音楽家の出番はある程度、衣食住が確保されてから。
これも悲しいけど東日本大震災の時の教訓です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・俺 津波でやられた場所のBar借りて 
ソファ濡れてるからゴミ袋貼って やっちゃたモンな~ 
仮設でも音楽欠かさなかったし・・・
要は関係性を作れてないってことで 
音楽ボランティアがどうこうじゃないんだよね。
その時、その日初めて出会った人たちと12年 
いまも交流してるもんね~(経験談)
声を大にして言いたい。
コロナ禍でもそうだったけど
 音楽は決して不要不急ではない!
 むしろだからこそ必要なもの 
 NO LIFE 
 NO MUSIC!
その時の写真(2011年4月18日)
続きを読む 0 コメント

年初め

 

 

 

そう言えば

 

お互い

 

「あけおめメール」

 

というものをしない二人です

 

 

その人とは

 

 

続きを読む 0 コメント