ブログカテゴリ:ボランティア活動



12日 3月 2019
意味: 遠くの親戚より近くの他人とは、 いざというときに頼りになるのは、 遠く離れて暮らす親類ではなくて、 近所に住んでいる他人の方だということ。

11日 3月 2019
きっと 忘れたいだろうけど でも 覚えて行こう 復興って何だろうね? 今 考え話し合う時が来たと思う。 これは「人間賛歌」です。 (映像の中に震災や津波の映像があります  ご視聴には十分お気を付けください)

10日 3月 2019
絶対的な悲しみと絶望の中 それでも人は再生していく それは湧き上がる自分の力以上の 何かそれを越えた見えない  でもきっとある大いなる意思 物理学や何かの法則では測れない 見えないチカラ。。 必ずあるそのチカラを 奇跡と呼ぶんだと思う。 そんな震災の中に咲いたお話を。。 石巻市立 大川小学校 東日本大震災の大津波で 全校児童108人のうち...

09日 3月 2019
今年もこの日が近づきましたきました。 俺は床屋です。 ただの床屋です。 正直言えば 東北に向けての活動 それに費やす 時間 お金 体力 その多くを 仕事に回すべきだろう? 内なる自分は そう自分に問いかけます。 でも・・・ あの日の衝撃 あの日からの目にして来た光景 そして何より 愛すべき 石巻の人たち 誇りに思う仲間 応援してくれる皆さん・・・...

08日 3月 2019
東日本大震災から8年が過ぎます。 TVやメディアでも特集番組や記事が 溢れてることでしょう。 きっと「あの日」何があったか? 生死を分けた72時間とか 仮設で今も暮らす方々の声や 原発事故のこと。。。 あの日を振り返り 今を伝えることでしょう。 一昨年かな? 南三陸防災庁舎跡を訪れた時

07日 3月 2019
8年の時が零れ落ちて 今 あの街 人々 僕ら 僕は 「あの日」からどこにいるんだろう?

19日 2月 2019
プロ野球選手は思いっきりボールを投げても 何十メートルか サッカー選手が思いっきりボールを蹴っても何十メートルか 室伏広治がハンマー叫んで投げても何十メートル。。。 遠投しても 所詮そのフィールド内でしかない もっと遠くに届かせるにはどうしたらいいか? それは投げたその先に誰かがいてくれて 受け止めてくれて また投げて...

17日 2月 2019
いよいよ今日 西日本豪雨災害で被災した 岡山県真備町の仮設住宅にて 岡山県LUCIAのノリさんが立ちあがり

07日 2月 2019
  平成は災害の時代と言われ 僕は平成最初の新成人だったそうで 僕が「大人」として生きてきた時代は 「悲しみ」や「苦しみ」が 誰かの側にある時代でした。

07日 1月 2019
石巻にまた来ています。 僕の恩人、パパ

さらに表示する